MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

会津若松市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報



前の家を解体後に工務店側の事情で新築工事が出来なくなりました。 ご回答よろしくお願いします。 前の家を解体後に工務店側の事情で新築工事が出来なくなりました。 ご回答よろしくお願いします。 住んでいた家を解体し、二世帯住宅を新築する予定でした。 工務店と契約 →住宅ローン契約 →住宅ローン実行 →建物確認申請ok →前の住居解体工事終了(今は更地) →地鎮祭終了 ここまで終わり次は地盤調査でした。 ここにきて、銀行から連絡があり借りたお金を引き出せなくなりましたと。 実行も終わり、私達名義の口座のお金なのになぜかと聞いても、 理由は言えない、いつ言えるかもわからない。 何も言えないの一点張り。 翌々日、工務店の担当者がきてやっと理由がわかりました。 工務店の同じ系列の事業が億単位の借金?がありそれが原因で取引先である銀行からストップがかかったようだと。 たまたま、工務店が取引している銀行と私達が住宅ローンを契約した銀行が同じだったので先にストップをかけてくれたのですが、 別の銀行で住宅ローン契約をしている方は今も工事が進んでいるようです。 工務店と別の事業の資金運用などは全て社長がしていたことらしく、社長は今県外に行ってて帰ってこないらしくて、担当の人も不安が隠しきれてない表情でした。 工務店には手付金だけ払ってます。 解体業者からはお金の支払いを請求されてます。 この場合どうなりますか? 手付金を返してもらって、解体工事など諸費用を工務店に請求することはできますか? 今、義理の父母は仮住まいで賃貸マンションに住んでいます。 私達夫婦は元々結婚して、別の賃貸マンションに住んでいます。 工期が延びた分の家賃を請求することなど出来るのでしょうか? (私達夫婦は今現在は家賃と住宅ローンの両方を支払いしてます) もっと欲を言えば、工事ができないのに家まで解体されてしまったという理由付けで前の家の資産価値などから平屋建てでも家を建てくださいと請求することはできませんか? 私の勝手な理由ですが、二世帯同居にあまり乗り気ではありません。 ですので、そのような請求が出来るなら義理の父母の住まいさえ元通りにしてもらえたら、私達夫婦は近くで小さい家でも、建て売りでも 別々に暮らせるのになって考えてます。 ネットでいろいろ調べたのですが、同じ状況の方のお話が探せなくて。 どうぞよろしくお願いします。
台風や竜巻対策に住宅の床下の土台に螺旋状のギヤと油圧を取り付けて上下作動させて地下に収納出来る住宅はできませんか? 大雨で床下浸水の時は上げて竜巻の時は地下へ下げる。二階立ての家や坪数の大きい平屋は無理 ですが小規模の住宅ならできると思います。問題は地下室の雨水や湿気がない様にすることです。 これをアメリカへ提案すればできるのではないですか?
なぜ東北被災地では高台に庭付きの平屋を建てなくてはいけないのでしょうか? オリンピックでも競技場の近くに高層住宅を建てオリンピック終了後は一般に売り出します。 被災地だの津波が怖いのと言っても仕事は海の近くでないと不便なわけで、昔の人が高台に石碑を建てこれより低いところに家を建てるなと言ったところで海の近くに住んできた歴史があります。 アホと言えばそれまで、仕事熱心と言えばそう。 国の仕事は国民の命・財産を守ることで高台に家を建てる費用を払うことでは無い。 被災地に高層マンションを建て、低層階に公共施設や医療機関・スーパーを入れれば問題は消える。 インフラでも5km四方に電気水道を整備するのと1カ所に整備するのではコストがまるきり違う。 高台に家を建てたければ個人でやれば良いこと、全員が合意すれば自治体でも良い。 だが国に求めるのは違うと思います。 今もって仮設住宅で夏暑く冬寒い、隣の音は聞こえプライバシーは無いに等しい。 コミュニケーションがどうとかいうなら談話室でも作れば済むこと。 地域の建設会社を儲けさせるために都会の税金を使いまくるのは止めて欲しい。 都会で稼ぐ税金は国民全体の努力の結果で地方、都会に関わらずに必要な場所に使って欲しいと思いますが、今の使い方には疑問があります。 被災地の方は何が何でも高台の一戸建てなんでしょうかねえ。